2002年 9月東京公演
 2002
年9月7日(土)〜22日(日)
 15日より第1部と第2部の演目入替え




 
     
 
 第1部<11時30分開演>
 「神霊矢口渡」
  福内鬼外=作

 頓兵衛内の段

  中      文字久大夫    宗助        娘お舟      紋寿
                            下男六蔵     玉也
  切       十九大夫    清治        しっかり候兵衛  文哉
                            三上十次     紋秀
                            からのぴん助   玉勢
                            渡し守頓兵衛   文吾
                            日雇の八助    紋史
                            新田小太郎義岑 清之助
                            傾城臺     簑二郎
                            村の歩き    大ぜい

 「夏祭浪花鑑」
  並木千柳・三好松洛・竹田小出雲=作

 住吉鳥居前の段
 野澤松之輔=補曲

  口       南都大夫   喜一朗        釣船三婦     玉幸
                            倅市松      幸司
  奥       三輪大夫    清友        団七女房お梶   一暢
                            こっぱの権    亀次
 内本町道具屋の段                   なまの八     勘緑
 野澤松之輔=補曲                   玉島磯之丞    勘寿
                            団七九郎兵衛  簑太郎(前半)
  口       津国大夫    団吾                 玉女(後半)
                            役人       紋若
  奥       伊達大夫    富助        傾城琴浦     玉英
                            大鳥佐賀右衛門 清五郎
 釣船三婦内の段                    一寸徳兵衛    玉輝
                            娘お中     清之助
  口        新大夫   清志郎        三河屋義兵次   玉女(前半)
                                    簑太郎(後半)
  切        住大夫    錦糸        番頭伝八     玉志
                            仲買弥市    清三郎
  アト       始大夫    清馗        道具屋孫右衛門  玉松
                            三婦女房おつぎ  和生
 長町裏の段                      徳兵衛女房お辰  簑助
                            捕手      大ぜい
  義平次     松香大夫    寛治        下僕      大ぜい
  団七      千歳大夫              駕籠屋     大ぜい
                            若中      大ぜい
                            子供      大ぜい
                                                                                     


 
     
 
 第2部<16時30分開演>
 「心中天網島」
  近松門左衛門=作

 北新地河庄の段

  中        英大夫  喜左衛門        花車       和生
                            紀の国屋小春   簑助
  切        綱大夫   清二郎        傍輩女郎     勘弥
                            江戸屋太兵衛   文吾
 天満紙屋内の段                    五貫屋善六    文司
                            粉屋孫右衛門   一暢
  口        貴大夫   清太郎        紀の国屋下女子  玉佳
                            紙屋治兵衛    玉男
  奥        咲大夫    清介        河庄亭主     一輔
                            女房おさん    文雀
 大和屋の段                      倅勘太郎    玉一郎
                            丁稚三五郎    幸助
          津駒大夫   燕二郎        下女お玉    簑一郎(前半)
                                     和右(後半)
 道行名残りの橋づくし                 娘お末      簑次
                            おさんの母    勘寿
  小春      呂勢大夫    団七        舅五左衛門    玉也
  治兵衛     咲甫大夫   弥三郎        夜廻り      玉翔(前半)
  (7〜12日)つばさ大夫    清馗                簑紫郎(後半)
  (13〜17日) 睦大夫    龍聿(7〜12日) 大和屋伝兵衛   勘市
  (18〜22日)相子大夫    清丈(13〜17日)通行人     大ぜい
         文字栄大夫    龍爾(18〜22日)駕籠屋     大ぜい


 
     
 
 ※全て人形出遣い
 ※(前半):7日〜14日、(後半):15日〜22日